投稿

コロナで影響を受けた業界(産業)と受けなかった業界

イメージ
 新型コロナウイルス感染症がパンデミックを起こした2020年。そのコロナで経営にダメージ(赤字)を受けた産業と逆に売り上げを伸ばした(維持できた)業界を比べてみました。 参考にしたのは日本証券取引所が公開する「2020年度決算短信集計」。コロナ禍前の2019年度と比べ売上高の変化をまとめます。 ※集計期間:2019年度【2019年4月~2020年3月】。2020年度【2020年4月~2021年3月】 2020年売上高増減率(2019年度比) まず全産業と製造業、非製造業の比較。 全産業: -6.78% 製造業: -7.84% 非製造業: -5.67% すべての産業全体で-6.78%、前年に比べ売上高が減少。製造業、非製造業別だと製造業(-7.84%)の方が経営にダメージを受けたとわかります。 2020年売上高増減率業種別(2019年度比) 続いて業種別の売上高の増減比。 ほぼすべての業界でマイナス。コロナ前の前年に比べ売上高が増加したのはわずか保険業、情報通信業、その他製品の3業種のみでした。 水産・農林業: -4.19% 鉱業: -16.90% 建設業: -5.60% 食料品: -3.90% 繊維製品: -11.23% パルプ・紙: -6.01% 化学: -4.73% 医薬品: -0.47% 石油・石炭製品: -23.01% ゴム製品: -13.03% ガラス・土石製品: -6.19% 鉄鋼: -14.70% 非鉄金属: -3.24% 金属製品: -9.39% 機械: -8.07% 電気機器: -2.92% 輸送用機器: -11.77% 精密機器: -7.34% その他製品:+0.62% 電気・ガス業: -2.77% 陸運業: -20.44% 海運業: -9.26% 空運業: -62.29% 倉庫・輸送関連業: -1.23% 情報・通信業:+0.10% 卸売業: -5.64% 小売業: -2.39% 不動産業: -3.38% サービス業: -6.31% 銀行業: -13.53% 証券・商品先物取引業: -5.76% 保険業:+1.09% その他金融業: -0.42% 最も影響を受けた業界 前年比10%以上の売り上げを落とした上位9業種です。圧倒的なマイナスだったのが空運業。物流も旅客もコロナでストップした航空業界が1位でした。 以外だったのは石油・石炭製品、鉱業、

個人情報漏洩と個人ができる対策を考える

イメージ
不動産会社による個人情報漏洩事件とそれに対する個人ができる対応策を考えてみました。 1月25日、東証プライム上場の不動産管理会社、株式会社ジェイエスビー(3480)が「当社従業員による個人情報漏洩」についてのプレスリリースを公表しました。 (出典:株式会社ジェイ・エス・ビー) 主な内容は、 管理物件契約者の個人情報の一部が漏洩した可能性 漏洩した情報(名前・生年月日・性別・住所・電話番号・在籍校・年収・世帯年収) 会社の従業員が顧客管理システムにアクセスし情報を持ち出した 顧客情報を使い第三者からの勧誘(ウォーターサーバー等)に利用された という流れ。また、 会社側は警察への相談とともに、国土交通省などにも報告しているとのこと。 おそらく社員がお金目的で個人情報を名簿業者に売り、それを第三者の業者が悪用するという典型的な流出パターン。 個人情報漏洩を完全に防ぐのは無理 まず企業が保有する個人情報を完全に守るのは不可能と考えるべきで、よほどの大企業(お金かけてセキュリティ対策実施)でない限り、ハッキングの被害、社員の情報持ち出しリスクは防げないと思われます。 自分でできる対策は「住所と電話番号の管理」 そこでできる限りの対応策といえば 個人情報が洩れる前提で自分の情報を提供 することかなと、 まず、 名前・生年月日・性別 は変えられないので対策施しようがないとして、 「 電話番号・住所・年収 」は自分でコントロール可能なはず。 具体的には、 電話番号を捨て番にする 住所を定期的に変える 年収を正確に伝えない あたりです。 格安SIMやプリペイド携帯を契約(2台持ち)し、使い捨ての電話番号を利用する。また(持ち家だと難しい)定期的に住んでいる場所を変える。年収を正直に答えないなど。 住んでいる場所と電話番号 さえ知られなければ、相手側(業者)は勧誘しようがないわけです。

値上げ&節約志向で自動販売機・コンビニの飲料が売れなくなる

イメージ
商品の値上げからの節約志向で飲み物買わなくなる悪循環により、飲料メーカーの経営はかなり厳しくなりそうな予感。  DYDO(ダイドーグループホールディングス)が発表した1月の飲料販売状況、前年同月比で合計 -11.1% の大幅減とのこと。 ※前年同月比 ※稼働日は1日少ない 内訳を見ると、 自動販売機での売上本数 コーヒー飲料: -8.3% その他飲料: -5.4% 合計: -7% 流通での売上本数(コンビニ、スーパーなど) コーヒー飲料: -23% その他飲料: -31.8% 合計: -25.9% 自販機、流通…そしてコーヒー飲料、その他飲料ともすべてマイナス。特にコンビニ、スーパー、ドラッグストア等での販売の減少率が目立つ。 売れない原因 飲料が売れなくなった理由はもう明らかで、 「インフレ(原材料費高騰)」→「値上げ」→「節約で買わない」 しか考えられません。 ダイドーは昨年10月1日から流通向け飲料(コーヒー、お茶)を9%~25%値上げ。さらに10月21日から自動販売機飲料の6割を9%~25%値上げすると公表していました。 その消費者の答えが「 買わない選択 」だったのではと。 たしかに缶・ペットボトル飲料は生活必需品ではないため、真っ先に節約対象となるのかもしれません。 飲料メーカーにとっては厳しい時代が来そうです。

長時間スポーツ観戦&ライブ動画配信サービスは衰退するかも【チケット販売・サブスクは儲からない】

 「試合会場に足を運んで生でスポーツを観戦する」 「有料動画配信サービスを契約しライブで試合を視聴する」 これらの習慣は何れ衰退する予感、 チケット(又はサブスク)を購入しスポーツを見るビジネスモデルは難しくなるのではないかという話。 理由はタイパ 最大の理由はタイムパフォーマンス。娯楽が多様化し、大量の動画コンテンツで溢れる中で人々(若者を中心に)は時間の節約、効率化を重視してきているから。 切り抜き動画やファスト映画に人気が集まるのもその一つで、 日々、大量のコンテンツを吸収するにはひとつひとつを短時間にまとめた動画(ショート動画)に需要が移りつつあると感じます。 長時間の試合観戦に耐えられない 熱狂的なファン、一部コアなファン層はお金を払ってでも試合を見に行くし、有料契約でライブ配信動画を利用するでしょう。 ただそれは極少数で、大多数の人々ははたして2時間~3時間の長い試合時間に耐えられるのかどうか。 フル観戦よりダイジェスト動画 試合開始から終了までフルで視聴するより、「試合のハイライト」や「特定の選手の活躍シーン」を数分にまとめた動画の方がアクセス数(需要がある)を稼げるという現実。 例えば大リーグだと「大谷翔平がホームランを打つシーン」「奪三振シーン」だけまとめたハイライトを見れば満足してしまう…。 サッカーであれば「得点シーン」「特定の日本人選手の活躍シーン」だけまとめた動画で十分満足だと。 時代の流れがそうなって来ていると感じます。(自分を含めて) ビジネスモデルに限界 となると従来のチケット販売や有料動画配信で稼ぐビジネスモデルは難しくなってくるのではないかと。 コアなファン層にだけチケット販売しても売り上げに限界が来ると思うし、ハイライト動画を有料化したら…おそらく誰も購入してくれない。さらにハイライト動画で満足する人々はグッズ販売も期待できない。 チケットやサブスクで儲からないなら、あとはスポンサー(広告)収入くらいしかマネタイズ手段思いつきません。

FX会社のスキャルピング可能or禁止を分類。口座凍結リスクと目安

 分スキャや秒スキャといわれる短期売買を繰り返したときに口座凍結される危険度を、FX会社ごとに分類。また具体的なロット数や頻度、時間(何秒、何分)などの基準も予想してみました。 ※注意:あくまで個人的な見解です。 絶対に口座凍結されないスキャルピングOKなFX会社 まずはスキャルピングしても口座凍結される可能性が極めて低いであろう会社です。 特徴はインターバンク直結(NDD方式)し、変動スプレッドを採用していること。そして外付け手数料又はスプレッドコストを上乗せしている業者。具体的には以下の3社。 サクソバンク(アクティブトレーダーコース) デューカスコピージャパン インヴァスト証券(100万通貨以上) サクソバンク(アクティブトレーダーコース)とデューカスコピージャパンは顧客からのオーダーをインターバンクに直接カバー取引し、外付けで取引手数料を徴収しています。インヴァスト証券はインターバンクのレートに0.2pips分(スプレッドコスト)上乗せして約定する仕組み。 これらの会社は顧客がトレードするほど利益になるのでスキャを歓迎しています。 ※参考: NDD方式のFX会社。DD方式との違い。 口座凍結されにくいであろうFX会社 次に「おそらく口座凍結されにくい…」であろうとおもわれる4社。 FXプライムby GMO GMOクリック証券(大口モード、EXモード) ヒロセ通商(大口注文) SBI FX FXプライム、GMOクリック証券の大口モード、ヒロセ通商の大口注文はスプレッドをかなり広めに設定している為、スキャルピングのような高頻度&大量注文を出されてもカバー取引で損失を被らないと思われます。(FXプライムはスキャルピング可能と謳っています) SBI FXは少し特殊で、親会社であるSBIリクイディティマーケットに全注文をカバー取引する仕組み。SBIリクイディティマーケット側で処理しきれない程の大量注文、短期売買だと凍結される可能性あります。 口座凍結されるリスクのあるFX会社 最後に口座凍結リスクに晒されるであろう業者。 特徴は原則固定&狭いスプレッドを提供しているDD方式。具体的にはドル円0.2pipsなど。これらの企業はマリー取引(買い注文と売り注文の相殺)で利益を稼いでいます。なので大量注文&スキャルピング取引されるとマリー(相殺)できず、インターバンクへカバー

ホテルの開業費用(開発費)と建設期間の目安(相場)まとめ

イメージ
新しくホテルをオープンするのに必要な開業費用(建設費)はいくらぐらい掛かるのか、また建設期間はどの程度の時間が掛かるのか…。ビジネスホテルから高級リゾートホテル(旅館)まで、各企業が手掛ける宿泊施設の開発費・建設期間の相場を調べてみました。 参考にしたのは企業が提出する有価証券報告書。その設備新設項目で投資予定金額と部屋数、着手~完成までの期間をまとめています。 【掲載例】 会社名 ホテル名(ブランド) 場所:開業する地域 投資額:ホテル開発費用(予定) 客室数:完成後の部屋数 開業までの期間:計画(着手)~完成までの期間 ---------------------------------------------------- グリーンズ 株式会社グリーンズは宿泊特化型(コンフォート)ブランドの「チョイスホテルズ事業」と宴会、レストラン併設の「グリーンズホテルズ事業」を展開している企業。 公式HP: https://www.kk-greens.jp/ コンフォートホテル四日市 場所:三重県四日市 投資額:29億2400万円 客室数:149室 開業までの期間:2年8か月(2020/3-2022/12) アールエヌティーホテルズ アールエヌティホテルズ株式会社は観光&ビジネス宿泊のリッチモンドホテルズやコンサルティング事業を展開。 会社HP: https://rnt-hotels.co.jp/ リッチモンドホテルズHP: https://richmondhotel.jp/ 東北地区ホテル開発 投資額:64億1100万円 客室数:191室(7121㎡) 開業までの期間:1年7か月(2019/5-2020/12) 関西地区ホテル開発 投資額:166億7800万円 客室数:203室(8340㎡) 開業までの期間:1年8か月(2020/1-2021/9)  東横イン 大手ビジネスホテルチェーン東横INNのホテル出店する際の投資予定金額。建設開始から開業までの期間が長いのはコロナの影響か? 公式HP: https://www.toyoko-inn.com/ 東横イン古川駅前 場所:宮城県大崎市 投資額:23億8200万円 客室数:270室 開業までの期間:未定 東横イン成田空港日本医大駅前 場所:千葉県印西市 投資額:24億2700万円 客室数:255室 開業までの期間:4年11

ドラッグストア(薬局)の開業に必要な出店費用&期間の目安

イメージ
 ドラッグストア・薬局を開業(開業費用・建設費)するのにいくらぐらい必要で、オープンするまでどのくらい時間(建設期間)が掛かるのか、企業が提出する有価証券報告書からおよその相場を調べてみました。 【掲載例】 ドラッグストア・薬局店舗名 場所:出店する場所 投資額:開業に掛ける投資予定額(店舗設備、保証金など含む) 売り場面積:平米 開業期間:着手(建設)~完成(オープン)までの時間 ツルハドラッグ ツルハドラッグ弘前岩木店 場所:青森県弘前市 投資額:9300万円 売り場面積:1157㎡ 開業期間:1年間(2021/5-2022/5) ツルハドラッグ川崎下小田中店 場所:神奈川県川崎市中原区 投資額:1億3800万円 売り場面積:678㎡ 開業期間:1年1か月(2021/4-2022/5) ツルハドラッグ飯田駅前店 場所:長野県飯田市 投資額:1億300万円 売り場面積:1322㎡ 開業期間:11か月(2021/6-2022/5) ツルハドラッグ宮城女川店 場所:宮城県牡鹿郡女川町 投資額:6400万円 売り場面積:992㎡ 開業期間:8か月(2021/9-2022/5) ツルハドラッグ亀山北店 場所:栃木県真岡市 投資額:4300万円 売り場面積:1190㎡ 開業期間:11か月(2021/6-2022/5) ツルハドラッグ八幡平大更バイパス店 場所:岩手県八幡平市 投資額:8900万円 売り場面積:1157㎡ 開業期間:1年1か月間(2021/4-2022/6) ツルハドラッグなないろの里店 場所:宮城県仙台市若林区 投資額:8600万円 売り場面積:975㎡ 開業期間:1年2か月間(2021/4-2022/6) 以上です。ツルハドラッグのケースだと1000㎡程度の店舗を1億円前後の資金を投じ出店しているようです。開業までの期間は約1年と少し長め。 くすりの福太郎 くすりの福太郎作新台店 場所:千葉県千葉市花見川区 投資額:1億2900万円 売り場面積:562㎡ 開業期間:1年7か月(2020/12-2022/6) Wants ドラッグストアWants周南新宿通店 場所:山口県周南市 投資額:5億1700万円 売り場面積:959㎡ 開業期間:10か月(2021/7-2022/5) ドラッグストアWants皆賀店 場所:広島県広島市佐伯区 投資額:7100万円 売り

シンガポールで口座開設できるFX&CFD会社まとめ

 シンガポールで口座を開設できるFX、CFD会社とそのサービス内容(スプレッドなど)を調べてみました。主にシンガポール金融庁(MAS)に認可されている法人をまとめています。 IG 公式HP: https://www.ig.com/sg 日本にも進出しているIG証券のシンガポール法人。FX(Forex)・株価指数・株のCFD取引きができます。Metatrader4のチャートソフトにも対応。スプレッドはEUR/USD:0.75pips~1.04pips、USD/JPY:0.83pips~1.18pips程度。2022年にGlobal Brands Magazineによってシンガポール最高の外国為替プロバイダーに選ばれたとのこと。 SAXO Markets 公式HP: https://www.home.saxo/en-sg こちらも日本に進出しているサクソバンクのシンガポール法人。外国為替、暗号資産、CFD、先物、コモディティ、オプションなど多彩な商品を扱っています。スプレッドは取引プランごとに異なり平均するとEUR/USD:1.2pips~1.4pips、USD/JPY:1.5pips~1.8pips程度。 Interactive Brokers 公式HP: https://www.interactivebrokers.com.sg/en/home.php インタラクティブブローカーズは日本に法人もある米国企業(ナスダック上場)のシンガポール法人。世界中の外国株(日本株含む)、先物、FX、債券など取引できます。FXは外枠で手数料を取るインターバンク直結のNDD方式(変動スプレッド)。 CMC Markets 公式HP: https://www.cmcmarkets.com/en-sg/ 外国為替、指数、暗号通貨、商品(金・銀・石油・天然ガス)、株式・ETFなど扱う会社。Metatrader4にも対応。最小スプレッドはEUR/USD:0.7pips~、USD/JPY:0.7pips~。FXアクティブという外枠取引手数料を取るコースもあり、狭いスプレッドでスキャルピングも可能。 City Index 公式HP: https://www.cityindex.com/en-sg/ City Indexは大手金融機関StoneX Group(ナスダック上場)の子会社。オーストラリ

FX会社の大口注文(100万通貨以上)のスプレッドを比較。最も狭いのは…

一度に大量注文を発注したい時、大口注文(100万通貨以上)に対応しているFX業者のスプレッドはどのくらい開くのか、主要な通貨ペアを比較してみました。 GMOクリック証券の大口モード(EXモード) GMOクリック証券の大口取引。1度の注文上限は500万通貨まで。 スプレッド USD/JPY(米ドル/円):0.7pips EUR/JPY(ユーロ/円):1.2pips GBP/JPY(ポンド/円):2.1pips AUD/JPY(豪ドル/円):1.3pips NZD/JPY(ニュージーランドドル/円):2.4pips CAD/JPY(カナダドル/円):2.8pips CHF/JPY(スイスフラン/円):2.8pips TRY/JPY(トルコリラ/円):3.4pips ZAR/JPY(南アフリカランド/円):1.6pips MXN/JPY(メキシコペソ/円):0.7pips EUR/USD(ユーロ/米ドル):0.8pips GBP/USD(ポンド/米ドル):1.8pips AUD/USD(豪ドル/米ドル):1.7pips NZD/USD(ニュージーランド/米ドル):2.9pips ヒロセ通商(LION FX)の大口注文 ヒロセ通商の大口注文は全部で6通貨ペア。 1回あたりの注文数量は50万通貨~300万通貨。最大保有可能数量は3000万通貨まで。 スプレッド USD/JPY(米ドル/円):0.9pips~2.9pips EUR/JPY(ユーロ/円):1.2pips~4.0pips GBP/JPY(ポンド/円):2.1pips~6.1pips AUD/JPY(豪ドル/円):1.0pips~3.2pips EUR/USD(ユーロ/米ドル):0.7pips~1.9pips GBP/USD(ポンド/米ドル):1.2pips~5.1pips 変動スプレッド制を採用していて時間帯(流動性)に応じて変化する仕組み。取引が活発な時間帯(流動性の高い)はUSD/JPY0.9pips、EUR/USD0.7pipsでした。 SBI FXの大口注文 SBI FXのスプレッドは4段階に分かれていて、大口はそれぞれ注文数量「100万通貨~300万通貨」「300万通貨~500万通貨」「500万通貨~1000万通貨」ごとに基準が設定。 1度の最大新規注文数量は1000万ロットまで。 注文数量(100万通貨

【世界進出】海外店舗の出店費用の相場はいくら程度か。

イメージ
 アパレルや雑貨、飲食店など外国へ出店するのにいくらくらい必要なのか、各企業(ブランド)が海外店舗進出する際に掛けた費用を調べてみました。 参考にしたのは企業が公開している有価証券報告書の「設備の新設」項目。この投資予定金額から平均的な出店費用の目安がわかると思います。 アジア 無印良品上海apm店(中国上海) 事業内容:無印良品(雑貨・日用品) 売り場面積:1000㎡ 出店費用:9700万円 雲南ヌードル 九龍湾得宝商場店ほか5店舗(香港) 会社名:トリドールホールディングス 事業内容:飲食店 出店費用:2億7100万円 5店舗で2億7100万円なので、1店舗あたり平均5420万円の出店費用。 ジーナシス フェスティバルウォーク店(香港) 事業内容:株式会社ポイント(アパレル) 売り場面積:76.36㎡ 出店費用:1600万円 MUJI 江南店(韓国) 事業内容:無印良品(雑貨・日用品) 売り場面積:496㎡ 出店費用:2億7500万円 丸亀製麺 キョンヒ大店(韓国) 会社名:トリドールホールディングス 事業内容:飲食店(うどん) 出店費用:3400万円 丸亀製麺 高麗大店(韓国) 会社名:トリドールホールディングス 事業内容:飲食店(うどん) 出店費用:6500万円 ローリーズファーム 桃園遠東百貨店(台湾台北市) 事業内容:株式会社ポイント(アパレル) 売り場面積:54.12㎡ 出店費用:400万円 ジーナシス 忠孝SOGO店(台湾台北市) 事業内容:株式会社ポイント(アパレル) 売り場面積:66㎡ 出店費用:600万円 丸亀製麺 斗六家樂福店(台湾) 会社名:トリドールホールディングス 事業内容:飲食店(うどん) 出店費用:7300万円 モスバーガー Orchard Central店(シンガポール) 会社名:モスフードサービス 事業内容:飲食店(ファーストフード) 出店費用:3000万円 IPPUDO Singapore 4店舗(シンガポール) 会社名:力の源 事業内容:一風堂 飲食店(ラーメン) 出店費用:2億2355万円 4店舗で合計2億2355万円。1店舗あたり約5589万円。 IPPUDO Australia 2店舗(オーストラリア) 会社名:力の源 事業内容:一風堂 飲食店(ラーメン) 出店費用:2億852万円 2店舗で合計2億852万円。1店舗あ